電力供給プラスαのサービスを。

宮崎電力では、ご契約いただいたお客様へ、省エネ/電気代削減にお役立ていただけるサービスをご提供しています。

デマンドビューワとは?

デマンドビューワは、日々の電力使用量を棒グラフで表示し、お客様に随時ご確認いただけるシステムです。
ご契約後にお知らせするURLにアクセスし、IDとパスワードを入力してログインすれば、インターネット上で電力の使用状況を確認することができます。
下記は、インターネット上で実際にご覧いただけるグラフ画面のサンプルとなります。当日のデータのみならず、過去のデータや1ヶ月分、1年分の電力使用量の推移もご確認いただけます。
※Internet Explorerには対応しておりませんので、他のブラウザでご覧下さい。

デマンドビューワの見方について

【日次データ】30分単位で1日分の電力使用量を表示

【月次データ】1日単位で1ヶ月分の電力使用量を表示

【年次データ】1ヶ月単位で1年分の電力使用量を表示

知っておこう!

デマンド管理が必要な理由 グラフの縦棒は、30分間の平均使用電力(デマンド)です。受電される契約電力500kW未満のお客様の場合、1ヶ月の最大デマンドによって、契約電力が決まります。 「契約電力」とは、電気代の基本料金を算出する際に使用される値です。電気料金は、基本料金と電力量料金によって算出されます。

基本料金(基本料金単価 × 契約電力 × 力率修正率)

電力量料金(電力量料金単価×使用電力量)
||
電気料金

「契約電力」には、当該月と過去11ヵ月の最大デマンドの中で最も大きな値が使用されます。

最大需要電力(kW)1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月
需要家A76798077717971746365747173
需要家B95160136110104142133169147119877685

上記の例では、需要家Aの契約電力は80kW、需要家Bの契約電力は169kWとなり、これが1年間適用されます。
ただし、当該月の最大デマンドが前月までの契約電力を上回った場合は、上回った方の値が使用され、以降1年間適用されます。

下表の例1は、1年間の最大デマンドが契約電力を上回らなかった場合です。契約電力「100kW」が、翌年の1月には過去11ヵ月間で一番高い「98kW」に設定されます。
例2は、1年の途中で最大デマンドが契約電力を上回った場合です。8月の最大デマンドが「110kW」となり、それまでの契約電力を上回ったので、その月以降の契約電力が「110kW」に設定されます。

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月
例1デマンド(kW)100949295969392989593969795
契約電力(kW)10010010010010010010010010010010010098
例2デマンド(kW)1009492959693921109593969795
契約電力(kW)100100100100100100100110110110110110110

契約電力の増加は、以後1年間の電気料金に影響します。日々のデマンドをチェックして、最大値が契約電力を上回らないよう、上手な電気の使い方を心掛けることで、経費節減につながります。

節電メールサービス

デマンドビューワの付属サービスとして、デマンドを監視し、契約電力に近づくとメールで通知するサービスを行っております。ビューワ内の設定画面で設定していただけます。
初期設定では、デマンド値が契約電力の80%に達すると登録されたアドレスにメールが配信されます。ご自分の施設の電力使用状況に合わせて、割合を適宜設定していただけます。
※メールサービスをご利用の場合はメールアドレスを記入の上、左側のチェックボタンにチェックを入れて下さい。チェックボタンにチェックがないとメールが送信されませんのでご注意下さい。